宮崎市のiPhone修理店アイエフシー宮崎1号店です。こんにちは(^^♪

今日も良いお天気に恵まれましたね。29日(日)に開催されるみやざき国際ストリート音楽祭の日も晴れ時々曇りでしたが、今日のような晴天に恵まれると良いですね。

みやざき国際ストリート音楽祭について詳細はこちらhttp://www.bunkahonpo.or.jp/street2018/

さて、話は変わりますが昨日iPhone関連の記事を読んでいましたら驚く内容があったのでご紹介します。

アップルの予想に反して17年に市場投入された10周年記念モデル「iPhone X」の販売が振るわず、これまでの強気の価格設定も、一部見直しを迫られているらしいです。

有機ELディスプレイを使い特別感を出していましたが、高額な割には特に目立った機能も無く予想の半分も売れていないようです。そういったことで、現在のモデルは6月末をもって生産終了となるようですが、過去に販売から一年も経たずに生産・販売が終了となったiPhoneはないので完全にアップルの見込み違い=失敗だったようですね。2018年の新モデルにおいても戦略が変わってきそうな予感。

この記事を読んで『え~生産終了なの!?早くない?』とりワタワタしてました。まだ、「iPhone X」の有機ELディスプレイ等の修理の各パーツは私たち修理業者でもほとんど普及していないのが現実です。やっと入荷したと思っても最初はとても高額でとてもじゃないですがお客様に提案できる値段ではないんですよね(´・ω・`)

値段が下がり始めるまでがとても時間がかかるのでその間お客様にもご迷惑をかけるのですが、アップルが2017年の有機ELモデルiPhone Xを生産終了してしまうと修理業界にもどんな影響があるのか…大丈夫かな(´・ω・`)と考えてしまいます。

詳しくはこちら。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000506-san-bus_all

これからも、日々情勢を見ていきますね( ´∀`)