宮崎市のiPhone修理店アイエフシー宮崎1号店です。こんにちは(^^♪

今日は雨ですね。さぞかし車の汚れを洗い流してくれるでしょう( ´∀` )洗えって話ですが…wwwwww

さて、今日は全くiPhoneに全く関係の無いお話です<m(__)m>

先週は野坂昭如氏原作で高畑監督が製作した30年前のジブリ作品「火垂るの墓」が放送されましたね。今月5日に他界された高畑勲監督を偲ぶものでした( ノД`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月の終戦記念日前後以外にこの映画を見るのは初めてでした。

私が子供の頃に初めてこの映画を見たときの衝撃はとてつもないものでした。そう遠くない過去にこの日本にも戦争が確かに存在し、それによって被害を受けた多くの人がいたことを、身近に感じることができました。それまでの自分が見てきたジブリアニメは楽しくて明るい気持ちにさせてくれるものが殆どでしたので、とても受け入れ易い作品ばかりでした。

そのジブリアニメで戦争映画…アニメで描かれる事で子供でも内容が伝わりました。食べ物が手に入らず栄養失調になったり、餓死したり、そんな時代があったのだと。社会の教科書の写真や文章よりもはるかにわかりやすかった「戦争」でしたね。

戦争がおきることでどれだけの人の人生に影響を与えるのか…。

今の子供たちは、あの映画を見てどう考え、何を思ったのでしょう…

また、この映画以外にも、「はだしのゲン」も今の子供たちに見てもらいたいですね。(*^▽^*)では!